マラソンで怪我をしないためにはどうする?

マラソンで怪我をしないためにはどうする?

マラソンで怪我をしないためには、しっかりとしたウォーミングアップが必要です。
マラソンを行う前には、体の筋肉に今から走るということをウォーミングアップを通して伝えなくてはいけません。
特に、冬の場合には、体が冷えて筋肉も硬くなってしまっていますので、より念入りにストレッチやウォーキングなどのウォーミングアップを行わないと、怪我を起こしやすい体になってしまいます。
走る距離を考えてしっかりとストレッチを行うと良いでしょう。
また、マラソンを練習で走る時には、ゆっくりと長く走る練習をすることで、怪我をしにくくなるでしょう。
マラソンを始めると、ついついオーバーワークになってしまう傾向があるようです。
速さばかりを求めてしまうと、体力がついていかず、急に体に痛みが出てくるということもありますので、ゆっくり、時には歩くという動作も入れながらマラソンの練習をするとよいですよ。
ゆっくりと長く走ることで、心肺機能や様々な筋肉を鍛えることができ、またスタミナもつくため、怪我をしにくい体を作ることができます。
ですから、怪我をしないためには普段からゆっくりと長く走る練習も必要だと言えるでしょう。
さらに、マラソンでは、シューズも重要になってきます。
普段履いているような靴でアスファルトを走ると、体の色々な所に負担がかかってしまいますので、マラソンに適したシューズを選び、マラソンに適した格好で走ることが怪我をしないためには重要になります。

関連ページ

マラソンのシューズの選び方って?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。