日本で有名なマラソン大会とは?

日本で有名なマラソン大会とは?

マラソン大会は日本全国で行われています。
有名なマラソン大会をいくつか挙げてみたいと思います。

 

1.東京マラソン
開催月は2月。
開催地は東京。
初心者〜上級者まで参加できる。
コースはフルマラソン(公認)と10km。
制限時間は、フルマラソンが7時間以内、10kmは1時間40分以内。
参加資格はフルマラソンは19歳以上(一般・エリート・車いす)、10kmは16歳以上(一般・障害者)。

 

2.長野マラソン(長野オリンピック記念)
開催月は4月。
開催地は長野。
種目はフルマラソンのみ。
参加資格は、招待競技者、19歳以上の一般競技者、視覚障害者。
制限時間は5時間以内で、定員は8000人。

 

3.湘南国際マラソン
開催月は3月。
開催地は神奈川。
種目はフルマラソン、ハーフマラソン、10km。
参加資格はフルマラソンとハーフマラソンが18歳以上、10kmが16歳以上。
制限時間はフルマラソンで5時間以内、ハーフマラソンが1時間30分以内、10kmは一般・障害者が1時間30分以内、車いすは45分以内。
定員はフルマラソンが18000人、ハーフマラソンが500人、10kmが5000人。

 

4.いびかわマラソン
開催月は11月。
開催地は岐阜。
種目はフルマラソンとハーフマラソン。
参加資格は、フルマラソンが18歳以上、ハーフマラソンが15歳以上で中学生は除く。
制限時間はフルマラソンが5時間以内、ハーフマラソンが3時間以内。
定員はフルマラソンが6000人、ハーフマラソンが4000人。

関連ページ

始めは10キロマラソン?ハーフマラソン?どっちがいい?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
フルマラソンを完走するためには?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
フルマラソンでサブフォーを達成するためには?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
マラソン大会3ヶ月前〜前日までの過ごし方とは?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
大会前日までの調整方法って?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
マラソン大会当日の心得、注意点とは?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
大会当日のウォーミングアップ、注意点って?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
大会レース中にトラブルがあったらどうする?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。
大会後のクールダウン、疲労回復の方法って?
マラソンは、手軽にできる運動のうちの一つです。運動不足解消程度に走るもよし、大きな大会に出てみるのもよし。ここでは、マラソンについての基礎知識や走るコツなどを紹介しています。